余った生餃子は冷凍保存できるの?

みなさん、自分で作った生餃子や買ってきた生餃子をどのように保存していますか?

いつもの私の生餃子冷凍方法をご紹介します。

 

生餃子の保存なら冷凍が便利!

生餃子のままだと、もっても3日間くらいです。

それでも保存方法によっては冷蔵庫の冷気で皮が一部乾燥したり、
湿気や餡の中の水分で皮がグチョグチョ、フニャフニャに溶けてしまうこともあります。

どうせなら新鮮なうちに簡単に冷凍しておけば急いで食べることもしなくて済むし、
いざという時のおかず一品になり、便利です。

私は、大好きな餃子屋さんの持ち帰り生餃子を多めに買って帰って、
その日に食べたい分を焼いて、残りの生餃子を長期保存出来るように冷凍しちゃいます。

好きなときに好きな餃子が好きな分だけ食べれて、
うちではとっても重宝しています。

冷凍庫の常備菜ストックに餃子の冷凍保存方法をご紹介します。 「余った生餃子は冷凍保存できるの?」の続きを読む…

【買い替え悩み中の方へ】アマゾンできれいに餃子が焼けるフライパン見つけた!

先日フライパンを買い換えました!!!
これまで初代レミパン、アウトレットで長く使い続けたいと買った高価なフィスラーなどなど、たくさんのフライパンを使用してきました。

このブログを始めた最近まで使っていたフライパンは確かホームセンター的なところで買ったピンクの1000円台のもの。

このフライパンは一年ほど使っていて、安いからと簡単な揚げ物もコレでやっており、見た目にはわからないかもだけど、もうひどい状態。

油をどんだけ引いても同じところが焦げ付いてくっついてしまったり、変形していて餃子を焼いていても焦げるところと焦げないところの差がひどい! 「【買い替え悩み中の方へ】アマゾンできれいに餃子が焼けるフライパン見つけた!」の続きを読む…

野菜たっぷりのアッサリ系の浜松餃子人気店はこちら!

浜松餃子といえばキャベツを大量に使ったヘルシー餃子です。
これって本当にお肉入ってるの??と疑いたくなるくらい野菜が多めなのが特徴なんですね。

しかも、野菜たっぷりなのにしっかりと旨みがありジューシーな餃子もたくさん!
食べごたえがしっかりあり、なおかつコストが安いところも浜松餃子のおすすめするポイントです。

男性だけでなく、子供も女性もお年寄りにも。
老若男女に愛される「浜松餃子」です。

そんな浜松餃子ですが、特に私がオススメしたい野菜たっぷりアッサリ系餃子をご紹介したいと思います。

常に行列ができる店 【むつぎく】

こちら「むつぎく」さんはメディアで取り上げられることがとても多い人気店です。
平日のランチもディナーもとにかく常に行列が出来ています。
私自身も先日やっと食べてくることが出来ました。
そこで驚いたのは、餃子の側面の皮が全体に緑色に透けてしまうほど緑色のキレイなキャベツがたっぷり詰まっている餃子だったことです。
野菜たっぷりの浜松餃子はたくさんあるけど、コレほどなのはあまりないような気がします。
そして、噛みしめるたびにシャキシャキする食感も堪らず、女性でも何十個とペロリと平らげてしまいました!
人気店ですが回転が早いので行列でも比較的早く入店できると思いますし、入店すればドンドン餃子を焼いているので早く待たずに食べれますよ。

■「実際に食べてみた」詳しいレポートはこちら■

本当の姉妹店  【餃子の店 かず】 & 【餃子の店 かめ】

【餃子の店 かず】と【餃子の店 かめ】は本当の姉妹夫婦がそれぞれ営んでいる餃子の専門店です。
野菜の材料から餡、皮までこだわり何十年も地元に愛されて続いています。
私はここの餃子の特徴は「餡」だと思います。
餡は野菜たっぷりアッサリ、野菜はみじん切りより細かいようなミキサーにかけたに近いようなネットリした餡です。
餃子の餡については、ネットリ感かシャキシャキ感かはその人の好みにより好き嫌いがはっきりする所かもしれません。
未経験の方は試してみる価値アリです!
かずさんはお持ち帰り専門、かめさんは店内で飲食もできます。

■「実際に食べてみた」詳しいレポートはこちら■

スーパーで購入できる 【かもちゃん餃子】

浜松市内のスーパーマーケットでもお手軽に購入できる「かもちゃん餃子」です。
冷凍コーナーに冷凍生餃子のパックで売っています。
コストパフォーマンスがよく、お買い求めしやすいお値段なのも嬉しいんです。
モチモチの厚めの皮に包まれた野菜たっぷりの餡は野菜のシャキシャキ感した歯ごたえがしっかり目に残っています。
この皮と餡とのバランスが特徴的で、とてもアッサリした浜松餃子です。
■「実際に食べてみた」詳しいレポートはこちら■

Sponsored Link