Sponsored Link



浜松餃子の中身の餡の具材は?

浜松餃子といえば、甘味ある野菜たっぷり!
あっさりした餃子ですよね〜!

とは言っても、
たくさんの餃子店が増えたため、
お店独自の個性的な餃子も増えたため、
餡の具材もさまざまあります。

 

一般的な浜松餃子の餡といえば、
・キャベツ
・玉ねぎ
・ニラ
・豚ひき肉

そこにコクと旨みを引き立てるため、
・ラード
・調味料

特にキャベツはたっぷり!たっぷり!

ほとんどキャベツなのでは!?というような餃子もあります。

でも私はこのキャベツが浜松餃子の美味しさの秘密だと思っています。

あとは、野菜と豚肉のバランスが、
お店独自のブレンドになるので、
自分のお好みの餡のバランスを見つけることも
餃子の食べ比べの楽しさだと思います♡

私が出会った変わった個性的な餃子は、
・しらす
・うなぎ
・かに
・じゃがいも、コーン
こんな物がありました。

これらが意外に餃子に合っていてびっくりしました!

あとは餡の野菜の切り方にも、
店ごとにこだわりが詰まっています。

私はキャベツのシャキシャキ感が残る程度の
細かい粗切りが好みです!

この切り方一つ取っても、
ミキサーに掛けたようなみじん切りでネットリした餡から、
野菜が口の中でしっかり感じるような大きめの粗切りなど、
その餃子の味が変わってきますから、
美味しいと思った好みの餃子の餡をチラッと
覗いてみることも面白いですよ〜!

<<< この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね! >>>

結局どこに行こうか?迷っている方はこちら

Sponsored Link



コメントを残す