【浜松餃子】美味しい焼き方・作り方・食べ方はコレ!

私はやっぱり餃子なら、
焼き立てが一番!だと思っているので、
よく生餃子や冷凍生餃子を購入して、
お持ち帰りしています。

たまに冷凍生餃子を解凍させてから焼いて
皮がグチョグチョになって失敗したという話を
聞きますが、冷凍餃子は絶対に解凍してはいけません!

水分が出て皮がグニョグニョで美味しく食べれませんよ!

冷凍はそのままアツアツに熱したフライパンで
焼き始めてください。




餃子の美味しい焼き方をご紹介

私のおすすめの焼き方は・・・

①サラダ油をフライパンにひいて、強火でフライパンを熱します。
 本当はラードを使うといいのだけど、自宅にはないので。
 オリーブオイルでも大丈夫です!

②アツアツになったら冷凍餃子、生餃子を円盤型に並べていきます。
中央の空いた隙間にも餃子を並べてもOK。
中央にモヤシをトッピングするなら空けたままにしておきましょう。

③焦げ目が餃子の底面に均等についたら、
お水を餃子の1/3〜半分の高さまで浸かる程度のお水を一気に投入!

④すぐにフライパンに蓋をON!

 
⑤そのままの強火で一気に蒸焼きします

⑥水がなくなってきたら蓋を外します。

⑦そこにごま油を鍋肌に沿ってジュワ~と入れます。
火を弱火にします。ごま油が全体に回るようにフライパンを傾けます。

⑧完全に水分が飛んだら出来上がり!

⑨フライパンに平たいお皿を裏返しにして被せるように
乗っけて、お皿をしっかり抑えながらフライパンを一気に裏返します。

⑩焼き目がカリカリの円型餃子が出来上がりです!

※もし羽つき餃子が食べたかったら、
投入するお水に小さじ1程度の小麦粉を入れて、
よく混ぜてから入れてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す