【浜松餃子】餃子をもっと美味しくする「タレ」をご紹介

浜松餃子にとっても大切なのは「餃子のタレ」です!

餃子のタレはそのお店ごと、
さらには家庭ごとに違います。

うちの実家では、一から手作りする餃子を作るときは、
ポン酢を付けて食べていました。

実家では餃子を作るとなると100個は包むので、
美味しい手作り餃子をアッサリたくさん食べたいときには
ポン酢もかなりおすすめです。

お店でも醤油と酢をお客さん自身が調合して
好きなバランスのタレを作って食べるところも多くあります。 「【浜松餃子】餃子をもっと美味しくする「タレ」をご紹介」の続きを読む…

【浜松餃子】なぜ、もやしが付いているの?理由は何?

浜松餃子には、もやしがくっついているのが一般的です。

浜松市にある餃子店で餃子を食べると、
多くのお店で茹でもやしがくっついてきます。

浜松の食卓では餃子+もやしが当たり前!

これは、浜松餃子の有名店「石松餃子」さんに
由来があると言われています。

初代の大将が、餃子をフライパンで丸く焼いたときに、
円形の中心部分にもやしを添えたのが
始まりだと言われています。

その風習が他のお店にも伝わるようになり、
「浜松餃子=もやしがくっつく」というのが
メジャーになっていきました。 「【浜松餃子】なぜ、もやしが付いているの?理由は何?」の続きを読む…

【浜松餃子】無添加にこだわる知久屋(ちくや)の餃子が凄い

浜松市にはいろいろな惣菜・お弁当屋さんがありますが、
いちばん有名なのが「知久屋」というお店です。

浜松市内にもたくさん出店していますし、
静岡県内や東京にも出店しているお店です。

 

化学調味料や合成着色料、
保存料などの添加物を使用していないのが特徴で、
健康にとても気を使っているお弁当屋さんです。

完全無農薬・有機野菜を使いたいという社長さんの願いから、
広大な畑で自家農園を運営しています。
「【浜松餃子】無添加にこだわる知久屋(ちくや)の餃子が凄い」の続きを読む…